キャリアダウンのすすめ

子供などの世話を理由にキャリアダウンを目指す人が増えています。家の近くで働けて、定時に帰れる会社に転職する場合が多いです。役職や給与はダウンしますが、時間的にゆとりが持て、ノルマなども減るので、快適に生活できるようになることが多くなっています。

キャリアアップをし続けても幸せになれるとは限りません。昇進しても、仕事が大変になる割に給与は上がらず、昇進を望まない人も増えてきています。子供を持つ、働く女性が増えた影響で、このような転職を容認する企業も増えてきています。社内でこのような対応をしてくれるところも出てきていますが、充実した制度がない場合には転職をすると良いでしょう。

仕事だけが人生ではありません。私生活を充実させることこそ、幸せには必要なことです。つまり、仕事は幸せへの手段であり、目的ではないのです。この事を前提にして、人生設計を立て、その計画を実行するために転職をするのも、賢い選択になりうるのです。